天国ではみんな海の話をするんだ。映画『ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア』レビュー・ネタバレあり

 

こんにちわ、はるみ(@hal_no_umi)です。

 

映画好きのみなさん、「おすすめの映画は?」と聞かれた時、なにをおすすめしますか?

 

本日のレビューは、僕がそんな質問を受けたときによくおすすめする映画です。

 

『ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア』は、普段あんまり映画を見ない人に勧めるのにちょうどいいラインの映画かなあと、個人的に思っています。

 

ドイツ映画でロードムービーなわけですが、僕も含めて映画をあまり見ない人にとって触れたことのないジャンルということもあり、興味を持ってもらえることが多いです。

本当に見てもらえてるかはわかりませんが。笑

 

また、本編が88分というのもいいですね。

 

 

『ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア』作品紹介

 

胸熱なストーリーに、雰囲気を押し上げる音楽、軽快なテンポで、コミカルな演出が素晴らしい作品です。

 

1文あらすじ

 

死にかけの2人が、全力で海を目指します。

 

 映画についてのあれこれ

 

  • ボブ・ディランの「Knocking On Heaven’s Door」に着想を得ているらしい。
  • 病室に偶然おいてある、ROTOはたぶん実在しない。←僕はこれが欲しくて、探し回りましたが見つかりませんでした。
  • 2人が盗む車・ベンツの型はMercedes-Benz 230 SL。車には詳しくないんですが、これがかっこいい!映画においての、車とそのエンジン音の重要性を感じますね。
  •  カーチス役のルドガー・ハウアー。この映画の撮影時、『ブレードランナー』のレプリカント役で有名になりギャラが上がっており予算上制作側は諦めていたが、ルドガーは脚本に惚れ込み出演したらしい。話の中でもかっこいい役柄です。

 

『ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア』をおすすめする理由

 

僕自身は仲のいい友達には、本当にみてほしいのでブルーレイを買ってプレゼントしてます。

それでは、なぜおすすめするのか5つのポイントをご紹介。

 

1.天国ではみんな海の話をするんだ

 

主人公2人はどちらも余命宣告を受けており、その2人が海を目指すことが話の軸になっています。

 

そのきっかけになるシーンで、2人がテキーラを飲みながら話すシーンがあるのですが、これがいい。

2人の会話の中で、脳腫瘍をもっており常にタバコを吸っているキャラクターのマーチンが、詩を読み始めます。

 

浜辺にて、海から吹く潮まじりの風を嗅ぐ。臓腑で完全なる自由を感じる。唇で去りし恋人のほろ苦き口づけを味わう。。。

 

とても、海の情景が浮かぶ詩ですよね。

 

これに対して、骨肉腫で余命宣告されたルディは「海をみたことがない」と打ち明けます。

また、マーチンは「天国では、海のことを話題にして壮大な美しさを語り合うんだ。だから、お前は仲間はずれにされる」と続けます。

 

それは嫌だと、海に向かうことになり2人の旅が始まります。

 

なんて美しい詩なのだろうかと思い、調べてみたのですがなにかの引用ではないみたい。

 

この詩は映画の後半でも出てくるのですが、それもまた重要でかつとてもいいシーンなんです。

 

話のフックの部分と、後半の重要なシーンにこのような美しい詩が出てくることで、ストーリーが締まり、印象深い映画になっています。

 

2.遊び心が楽しい

 

基本的にテンポがいいので、全く退屈はしないのですが、その中でも遊び心があり、とても楽しいです。

 

例えば、ギャングの手下2人・ヘンクとアブデュルが運転を交代し出発するシーンから、病室の主人公2人のシーンの繋ぎの部分で「煙」が使われています。

また、ヘンクとアブデュルがボスの話をするシーンから主人公の2人がホテルの部屋で夕食を取っているシーンへの繋ぎの部分では「睾丸」という言葉が使われています。

これ以外にもありますが、探してみると楽しいです。

 

 

3.映画のなかの偶然

 

日常で偶然ってあまりないですが、映画の中ではたくさんありますよね。

中には違和感ばかりの偶然を使い、ストーリーを成立させている映画もありますが、この映画は違います。

 

たとえば、テキーラを病室で発見するシーンがありますが、テキーラがしまわれていたロッカーの上にかけられてあったキリストの像が落ち、扉が開くことで見つかります。

 

このような、偶然がところどころ出てきます。

 

4.主人公2人がやりたいこと

 

マーチンとルディはやりたいことリストを作り、それを番号で互いに1つ選んでもらい実行するのですが、その部分に2人のキャラクターがとても出ていて、おもしろい。

 

それぞれ挙げると、マーチンは母親にキャデラックをプレゼントすること。

ルディは同時に2人の女性と夜を共にすることなんです。

 

これだけ読むと、ただの親孝行と男の願望ですが、2人の見た目から判断してしまうと逆じゃないのと思ってしまいます。

 

この、ギャップがキャラクターに深みをもたらし、人間らしさを演出しています。

 

5.愛すべきキャラクターたち

 

主人公を追いかける立場として、ギャングの2人が出てきますが、そのボスを含めていいキャラしています。

 

アラビア人のアブデュルは、バカで何か注意されると「わかってる」と返します。

このアブデュルのドジが、物語に波を加え、シンプルに笑いにもなっています。

ギャングなので、悪い立場なんですが、応援したくなるようなキャラクターです。

 

出演シーンが短いキャラクターもいい味を出しています。

ざっと挙げると、

  • 主人公たちが、スーツを買う服屋の女性店員
  • 強盗に入られる銀行の女性銀行員
  • 中古の車屋のオーナー
  • 主人公2人に騙され、車を盗られるおじさん。

などなど。

僕が好きやなと思うキャラクターたちです。

ぜひ、好きなキャラクターを探してみてください。

 

さいごに

 

 

 

 

 

 

万人受けする映画で飛び抜けていいものって珍しいかなと思うのですが、『ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア』はそのなかの1本であり、誰にでもおすすめできます。

 

 

 

 

おすすめする理由にはあえて書きませんでしたが、クライマックスからラストシーンが素晴らしいので、ここにもぜひ注目して欲しいです。

 

気になったら、ぜひご覧ください!

 

created by Rinker
¥1,934 (2020/09/23 17:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

 



 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です