【おいしさ長持ち】コーヒー豆の保存方法

 

こんにちは。コーヒー大好きhal(@hal_blog_)です。

最近はスペシャリティーコーヒーが流行しており、良質でおいしいコーヒー豆が気軽に購入できるようになりました。

 

だからこそ気になるのが、その保存方法ではないでしょうか。

おいしいコーヒー豆は長く楽しみたいですよね。

 

そこでこの記事では、コーヒー豆の保存方法をご紹介します。

 

1ヶ月以内に飲みきるなら常温保存

まずは、コーヒー豆を保存する温度です。

基本的には常温での保存がおすすめ。

 

賞味期限は焙煎所やメーカーごとに違いますが、コーヒー豆は焙煎後1ヶ月以内が飲み頃です。

その期間であれば、時間と共に変化するコーヒーのその時々の風味を楽しめます。

 

冷蔵、冷凍は豆の劣化のスピードを抑えることはできますが、一方でデメリットが大きいです。

 

では、冷蔵庫で保存するデメリットとは何でしょうか?以下の2つです。

 

  • 湿気
  • 食べ物の匂い

 

冷蔵庫や冷凍は湿度が高く、その湿度はコーヒー豆の劣化スピードを上げてしまいます。

また、コーヒー豆は香りを放出しながらも、触れた空気を吸収します。

 

冷蔵庫や冷凍庫は、食べ物の匂いが充満しているので、その匂いをコーヒー豆が吸収してしまうリスクがあるのです。

 

なので、購入したコーヒー豆が1ヶ月で飲みきれるくらいの量なら、常温での保存が良いと思います。

 

1ヶ月で飲みきれないなら冷凍保存

 

 

逆に、焙煎後1ヶ月では飲みきれないほどのコーヒー豆を購入してしまった場合は、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存する場合はすでに説明した、

 

  • 湿気
  • 食べ物の匂い

 

があるので、より密閉性の高い保存容器を使用する必要があります。

 

例えば、真空パック。

 

真空パックの機械を使わなくても、ジップロックの空気をストローで抜くことで真空に近い状態にすることができますよ。

 

冷凍保存していたコーヒー豆を使うときは、挽く前に常温に戻しておきましょう。

 

密閉容器を使用する

 

コーヒー豆を保存する際は、購入した時に入っていた袋から、密閉容器に移し替えましょう。

コーヒーを保存しておく容器をコーヒーキャニスターと言いますが、選ぶポイントとしては

 

  • 密閉性
  • 遮光性
  • 素材

 

の3点です。

密閉性の高さでコーヒー豆を空気から守り、遮光性の高さでコーヒー豆を光から守り、匂いが気になるなら匂いが残りづらい素材のものを選ぶ。

 

とはいっても、ここまで完璧なものを求めると、お値段が高くなります。

 

 

なので、まずは密閉性の高さだけを考えて、コーヒーキャニスターを選ぶのが良いかと思います。

 

私が実際に使ってよかったものは、こちら。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥632 (2020/12/03 17:09:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

コーヒー器具メーカーのHARIOのコーヒーキャニスターです。

密閉性も高く、デザインも良いので気に入っています。

 

湿度が低い暗所で保存する

 

コーヒー豆を保存容器に移し替えたら、できるだけ湿度が低く、光が入らない暗所で保存しましょう。

太陽光だけではなく、蛍光灯の光もコーヒー豆の劣化に影響します。

 

1番ダメな保存場所の例でよく言われるのは、キッチン。

光・湿気のどちらの影響も受けやすいですよね。

 

特にここがおすすめという場所はないので、湿気と光という2点を考えて、最適な場所を探してみてください。

 

コーヒー豆の保存方法まとめ

 

以上がコーヒー豆の保存方法でした。

最後に、改めてポイントをまとめておきますね。

 

  • 常温で保存
  • 光、湿気は避ける
  • コーヒーキャニスターなどの密閉容器を使用

 

以上のことに気をつけて、美味しいコーヒーを楽しみましょう。

この記事が、みなさまのコーヒーライフにお役に立てたなら、幸いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です