コーヒードリッパーの違いって?実際に比較してみた

こんにちは。はるみ(@hal_no_umi)です。

 

僕はコーヒーが好きで、家でハンドドリップをして飲んでいます。

ドリッパーはHARIOの物を使ってるんですが、他にも各種メーカーや形それぞれありますよね。

 

そこで、代表的なコーヒードリッパーの特徴を調べ、実際にコーヒーを淹れてみて比較してみました。

 

比較するコーヒードリッパー4種類

 

まずは、今回比較していくコーヒードリッパーをご紹介していきます。

簡単に、それぞれの違いをまとめているので、ドリッパー選びの参考にしてみてください。

 

HARIO (ハリオ) V60 01

 

コーヒーが落ちる大きな穴が1つ空いている、円錐形のコーヒードリッパー。

「スパイラルリブ」と呼ばれている、螺旋状の凹凸が特徴です。

 

スパイラルリブがあるため、ペーパーフィルターとドリッパーの接する部分が少なくなり、

味の調整の自由度が高い。

湯を早く注げばあっさりめに、早く注げば濃いめに、自分好みに調整が可能です。

 

デメリットとしては、味がブレやすいこと。

 

https://amzn.to/2Keyf6u

 

Karita(カリタ) コーヒードリッパー プラスチック製

 

3つの小さな穴が空いた、台形型のコーヒードリッパー。

 

こちらは直線状ですが、ハリオと同様にペーパーフィルターと接する面が少なくなるように、

溝が作られています。

 

https://amzn.to/2KdCJKK

 

Melitta(メリタ)コーヒードリッパー

 

 

メリタ・ベンツによって開発された、最も古い歴史を持つコーヒードリッパー。

小さい穴が1つ空いている、台形型が特徴です。

 

メリタ式のドリッパーは、湯の流れやスピードが自然にコントロールされるように設計されているため、味がブレない。

なので、ハンドドリップ初心者の方におすすめのコーヒードリッパーです。

 

https://amzn.to/2R9OpyL

 

100円ショップのコーヒードリッパー(おまけ)

 

ついでに、100円ショップで売っているコーヒードリッパーも試してみました。

4つの穴が空いている、台形型が特徴です。

 

フィルターと合わせて、200円ほどで購入できるのが良いですね。

 

実際に比較してみた

 

コーヒードリッパーの比較をした条件は、以下のとおりです。

 

◎コーヒー豆は同じ量で、ブラジル産の挽きたてのもの。

◎同じお湯の量、温度。

◎容器は紙コップ

 

ドリッパーごとに抽出の手順が違うので、珈琲完全バイブルを参考に淹れました。

作業の流れは、こんな感じ。

 

ハリオ式

1.1湯目を注ぐ。

2.蒸らす

3.2~4湯目を注ぐ

※蒸らした後は、湯が落ちきらないうちに断続的に注いでいく。

 

カリタ式

1.1湯目を注ぐ。

2.蒸らす

3.2湯目以降を注ぐ

※蒸らした後は、湯の量に合わせて数回に分けて注いでいく。

 

メリタ式

1.1湯目を注ぐ

2.全体に行き渡るまでおく

3.2湯目を注ぐ

※2湯目で、目的の量まで一気に注いで、落ちきるのを待つ

 

 

そして、すべて抽出し終わったものが、こちら。

 

 

コーヒーの香りが部屋に充満し、とても幸福でした。(笑)

 

飲み比べてみて、わかったこと

 

 

僕個人の好みは、HARIO(ハリオ)のドリッパー

微妙な差ではあるんですが、もっとも香り高く、そして僕好みの濃くどっしりとした味に淹れることができました。

円錐形で、スッキリとフォルムなところも好きです。

 

カリタとメリタの違いは、そこまでよくわからず終い。(たぶん、技量不足ですね)

 

そして、最後の100円ショップのコーヒードリッパーですが、普通に美味しかったです。

 

まとめ

 

僕個人の好みは、HARIOのコーヒードリッパーでした。

 

それぞれの特徴から、

 

  • ハリオ→自由にコーヒーの味を調整したい方
  • カリタ→味のブレをなくしたい方
  • メリタ→簡単にいつでも安定したコーヒーを淹れたい方
  • 100円→とりあえずコーヒーを飲みたい方

 

という感じで、おすすめです。

 

ぜひ、自分好みのコーヒードリッパーをみつけて、コーヒーを楽しんでください!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です